女性

もう失敗しない|ダイエットして明るい未来に出発

医学的治療で体を細くする

体重計

実効性の高い痩身方法とは

食べたい物を我慢する、苦手な運動を必死に続けるなどといった方法でダイエットを行う人がたくさんいます。食欲は生き物が必ず有している本能的欲求の一種ですから、これを無理やり抑え込むことは大きなストレスになります。また、苦手な運動を自分に強いることも当然のことながらストレスになります。ダイエットを行っている人は、過大なストレスにさらされつつ一生懸命に食事制限や運動を行っているわけですが、残念ながらこの方法では期待するほどの結果を出すことができません。努力した分に見合うだけの結果を出すことができれば、精神的ストレスも緩和されます。しかし、実際にはいくら頑張っても思うように痩せることができず、ストレスだけがたまっていくケースが多いです。そのストレスが原因で体調を崩してしまったり、反動で激しいリバウンドが起こり余計に太ってしまったりするケースが山ほどあります。そうならないようにするためには、過剰なストレスがかからず、なおかつ実効性の高いダイエット方法を選ぶ必要があります。体質や脂肪のつき方などにかかわらず確実にダイエットすることができるのは、美容外科クリニックの痩身治療です。人間の体は、消費されなかった脂肪を脂肪細胞内に蓄積しておく仕組みになっています。脂肪の蓄積量が増えれば脂肪細胞が巨大化しますので、体が太ってしまいます。でも、脂肪細胞が存在していなければ、余った脂肪を体内に蓄積できなくなります。美容外科クリニックでは、このメカニズムを逆手にとった痩身治療を行っています。簡単に言ってしまうと、脂肪細胞を物理的に取り除いてしまうことにより、太りにくい体に変えてしまうのです。本人が努力するかどうかに関係なく確実に痩せることができる上に、一時的ではなく半永久的な痩身効果を得ることができるため、美容外科でダイエットする人が増加してきています。

切らない治療もあります

美容外科クリニックの痩身治療の中で一番よく利用されているのは、なんといっても脂肪吸引です。脂肪吸引は、読んで字のごとく、体の中から余分な脂肪を吸引する治療です。脂肪が気になっている部位の皮膚をメスで小さく切開し、そこからカニューレという名前の吸引管を挿し込みます。そして電動ポンプの力を利用して、脂肪を体外に吸い出してしまう方法です。ただし、ポンプの吸引力だけに頼ってしまうと周辺の血管や神経を傷つけてしまうため、ジェット水流や光線を併用してダメージの軽減を図るのが一般的です。美容外科の治療技術は日進月歩の進化を遂げており、脂肪吸引手術の安全性の高さも年々向上してきています。美容外科で脂肪吸引が行われるようになった当初はハイリスク手術として敬遠される傾向が見られましたが、現在ではとてもポピュラーな治療になっています。とはいえ、術後しばらくの間は安静を保つ必要があるため、仕事を休めない事情がある人は脂肪吸引手術を受けることができません。しかし、近年になって登場してきた脂肪溶解注射を用いる方法であれば、仕事を休まずに痩身治療を受けることができます。脂肪溶解注射による痩身効果の出方は、脂肪吸引に比べるととても緩やかです。脂肪細胞の細胞膜を破壊する薬剤が注射されるのですが、壊れた細胞から漏れ出した脂肪はリンパの流れに取り込まれて少しずつ体外に排出されていきます。汗や尿として排出されていきますので、全部排出されるまでには結構長い時間がかかります。しかし、メスやカニューレで組織が傷つけられたりするわけではありませんから、ダウンタイムがほとんど不要です。術後1週間程度は患部に違和感を覚える人が多いですが、日常生活への影響を最小限に抑えることができるため、時間的な制約がある人によく利用されています。